忍者ブログ
SesサーバーのBOT情報をお伝えします。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

RMTについてのイベントを開催します!!!
以下、全文をきちんと読んでください!

10/8 本記事下部に追記を掲載しました。
10/9  開催場所が変更になりました。

これまでSBBでは、
BOT露店不買を訴えるチャットを一斉に大人数で掲げるイベントや
突発的なBOT駆除イベントを行ってまいりました。
どちらも非常に多くのユーザー様に協力していただき
大変好評に終わることができたと思っております。

今現在、上記の取り組みもあり?
運営側が不正ツール対策をまともに行うようになってからは
BOTやBOT露店については”ほとんど”見かけない状況にあります。

BOTの状況をお伝えするというSBBの役目は終わった
という感は否めませんが、
「RMT」というBOTに並ぶ問題点が解決されたかといえば
そこは断言できない部分です。
むしろ、”行為自体は行われているだろう、しかし詳細はわからない”
といった方が正確かもしれません。

SBBで行った、「RMTに関心はあるか」とのアンケート。
約76%の方が関心があると答えられました。
多くの方が関心があるのに現状ではよく分からない状態。
数値的なデータはあるかもしれません。
でも、「今現在」のRMTってどうなってるのでしょう。

前置きが相当長くなってしまいました。スミマセン。
ということで、気になって気になって仕方ない管理人は
RMTについてのイベントを企画することにしました。

イベントの中身は、ずばり 「RMT業者との直接対談」 です。
くだいて言うなら「直接聞くのが一番早い」ということ。
もちろん一人なら問い合わせフォームで済むことなのですが、
「多くのユーザー × RMT業者」の対談を行い、
皆で一緒にRMTについて考えたいと思いました。

今回の対談に当たってはRMT業者を慎重に選ぶ必要がありました。
もちろん異国の人ではNG、ただ単に儲けのみを考えているのもNG、
RMTに関してきちんとした考えがある業者ではないと対談などできません。
(きちんとした考えがあっても、ROでRMTは規約違反ですが・・・)
また、RMT業者という肩書きを持って、ROにログインをするわけです。
そして何時間かの対話を行うわけですので、当然リスクも大きいでしょう。
そんな中、色々と私の方でサイト等を拝見させていただいて、
一つのRMT業者に絞りました。
今回のイベントの趣旨をお伝えし、対談を申し込んだところ
・・・”快諾!”をいただきました。
ご協力いただく業者さんは「RMT銀行」さん。
※サイトの趣旨上、直リンクは勘弁してください。
今回の対話は、RMT銀行の代表取締役にお越しいただきます。

※RMT銀行さんには、このサイトの趣旨をご理解頂いた上で参加いただきます。
また、イベント開催にあたっては多大なご協力を頂いております。
「RMT業者だから・・・」という思いがある方もいらっしゃると思いますが、
今回はゲストです。失礼のないようにお願い致します。

今回のイベントはRMT銀行(RMT業者)との共同企画となっています。
もちろん、SBBは「RMT断固反対」の立場は絶対!!!!です。
通常、共同企画を組むということは、winwinの関係を目指すということにあります。
しかし今回はwinwinでも何でもありません。
共に敵同士とでもいいますか・・・。
ただ、今回の趣旨、共通目的
SBB、RMT銀行共に目指すものは、
「ユーザーにRMTの現状を分かって欲しい」
ということです。

このイベントを不快に思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、このイベント趣旨はあくまでも「現状把握」です。
RMTについての考えを改めろ!なんて趣旨は全くありません。
参加して頂き、RMTについて知って、一緒に考えて頂ければ幸いです。

ほんとにほんとに、このイベントはやっていいものかと
悩みに悩みました。RMTについて反対しているブログが、
RMT業者とタッグを組むんですからね・・・。
本末転倒・・・。
ただ、いい話し合いになるよう努力します!ご参加お願い致します!!

すごくたくさん書いてしまいましたが、以下にイベント参加にあたっての
参加規約を掲載いたします。
RMT業者との接触という、普通のユーザーイベントとは異なりますので
よーーーーく読んで、同意のもとご参加下さる様お願い致します。



【RMT銀行 x SBB -Ses Bot Blog- 共同企画】
ROユーザー x RMT業者 直接対談



◇参加資格
RMTの現状に関心がある方(RMT否定派、肯定派は問いません)
また以下に記載する全規約に同意いただける方
※参加者は本規約に同意したものとみなします

◇参加申し込み
参加につきましては自由参加とさせて頂きます。
-----------------------------------------------
注意事項:当企画の内容から参加者の皆様には
運営による執拗な監視並びにRMTへの関連性の有無等の調査が
実施される可能性があります。
特にRMT経験の有るユーザーは十分お気を付け下さい。

当企画参加によるリスクを少しでも軽減すべく、下記の該当行為を極力避けてください。
・メインアカウントによる参加
・普段アクセスしている環境を利用する
以上の2点にご注意頂くことによりリスクの軽減が図れます。

またRMT経験の有るユーザーの方は大変ご不便をお掛け致しますが
ネット喫茶等を利用し、そこで新規アカウントを作成の後、ご参加ください。
------------------------------------------------

◇参加キャラクター
自分のキャラクター及び、お試しアカウントによるノービス
【お試しアカウントによるノービスにての参加を推奨】

◇日時
10月13日(月)AM0:30-AM2:00

◇イベント会場
SESサーバー内 フェイヨン中央建物 大広間(建物一番奥)
※ノービスで参加の方へ
  初心者修練所から、カプラがフェイヨンまで飛ばしてくれます。

◇イベント構成
1部:RMT銀行 代表 金本氏より 「RMTの現状について」
2部:質疑応答型式による「ユーザ×RMT業者 直接対話」
3部:フリートーク

◇注意事項
①マナーをお守りください。
②イベント中(第1部・第2部)の発言については、円滑な進行のため
 極力控えていただくようお願い致します。(エモーションはOK)
③妨害行為、煽り・中傷があった場合は反応せず、冷静な対応を心がけてください。
④当イベントにより、アカウントの凍結、停止措置、又それに類する措置が行われた場合
  SBB-Ses Bot Blog-及びRMT銀行では一切責任は追いかねます。
  各自の判断で参加してください。

◇禁止事項
①本イベント進行への妨害行為
 (誹謗中傷、執拗な野次、スキルの連打、又はそれに類する行為)
②ブログ及びサイトへの誹謗中傷行為、又はそれに類する行為
③イベント中発言を行ったキャラクターへの執拗な干渉、又はそれに類する行為
※上記禁止事項に触れる場合は関係各所への報告・通報を行う場合がございます。



少々厳しい内容になっていますが、
今回はあくまでも「RMTについての会話」を行うだけです。
Zenyやアイテムの受渡し行為などは一切行いませんのでご安心ください。

もし、参加してみたい!という方がいらっしゃいましたら
以下のアンケートにお答え頂けると幸いです。
2部で行う対話について、ユーザーはどの辺に興味があるのか
あらかじめ調査させてください。
よろしくお願い致します。

アンケートはこちら



10/8 追記

イベントの告知後、様々な御意見をいただいております。
ただ1点、誤解が生じている部分が御座いますので
こちらで追記させていただきます。

まず、今回の企画は
ユーザーとRMT業者が、RMTについて論争を行うものではありません。
お互いが自分の立場から見たRMTについて言い合ったところで
なんの解決策も見出せないのは既に分かっていることです。

ではなんのためにやるのか。
もっとフランクに考えていただいて結構なんです。
「疑問に思うことを聞いてみよう」
これが今回のイベントのきっかけでもあり、趣旨です。
闇に包まれている部分を明るみにしましょう。

例えば・・・
「RMT業者って業務中、相当暇そうなイメージなんですが、
そんなに注文ってくるんですか?空いた時間何やってるんですか?」
なんていう質問も全然アリなんです。
もちろん、まじめな質問も大歓迎です。

RMT銀行の代表さんとメールでの打ち合わせ中、
以下のようなメールを頂いています。
何度も言ってしまいますが、
今回は論争ではありません。
RMT業者の現状をお聞きするということです。

以下メール文転載
---------------------------------------------------------
私としましても、今回の取り組みはオンラインゲーム史上、
稀または初の取り組みでもありますので
様子見的な部分があるので、いきなり論争をするつもりはございません。
あくまでRMT業者がどういうことを考えているのか、
またRMT業界の現状を知って頂ければと思っております。
今はまだ容認、納得して頂ける状況ではなく知って頂く時期
だと考えております。
RMT否定派の皆様にとって勇気付になるかは判りませんが、
RMTには肯定すべき点よりむしろ否定できる材料の方が正直多いです。
-----------------------------------------------------------

RMT業者を選ぶ際に重要視したのは、
「RMTにきちんとした考え」を持っていること。
もちろん業者ですので、肯定側の意見だらけですが
RMT銀行 代表のBlogがありますので
一度ご覧になっていただいても良いかと思います。
RMT銀行 業務日誌


最後にSBBがRMTに反対している理由を述べます。
①BOT(不正ツール)使用の助長
②犯罪行為の助長 = 親泣かせちゃだめ

追記は以上です。
よろしくお願い致します。


※前回のアンケート同様、こちらの企画にご賛同いただける
  サイト・ブログの管理者様がいらっしゃいましたら告知・宣伝頂けると助かります。
  ご協力よろしくお願い致します。
PR
前回のエントリー記事において行った
RMTアンケートにはたくさんのご投票を頂き
誠に有難う御座いました。

今現在も投票は受け付けておりますが
とりあえず現時点での結果報告です。

ee14823b.jpeg



投票総数127件に対し、
関心がある(いろんな意味で)と答えた方が97名
関心がないは30名でした。

およそ4分の3人(76.4%)の方に関心があると答えていただきました。

管理会社の管理徹底でBOTが見られなくなった現在ですが、
RMTについてはまだまだ見えない部分が多いかと思われます。

それはBOTのように目に見えるものではなく、
RMTに関わるのは利用するユーザーや管理会社に限られてしまう為です。

なんだか当たり前のことを書いていますが
まだまだRMTについて考えてくれてる人が多くて良かったなという思いです。
(今回は「やってみたい」という関心も含めてしまいましたけど・・・)

この結果を踏まえての
ちょっと前のエントリーで書いた記事にあったRMTについてのイベント。
只今色々と調整中です。
もう少々お待ちください。

近々発表できると思います。

お楽しみに。



※アンケートをご紹介頂いた方々に感謝いたします。
 有難う御座いました!!

来訪者様が少ない状況ですが、アンケートさせてください。

1問だけで簡単ですので、ご協力をお願いします。


*なるべく多くのデータが欲しいため、blog管理者の方がいらっしゃいましたら、
 このアンケートをご紹介頂けると幸いです。ご協力お願い致します。

 

web拍手
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
バーコード
BlogScouter
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 (c)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved. (c)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
お天気情報
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © SBB -Ses Bot Blog- All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]